スポンサーサイト

    --年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    天使スキン

    2011年09月05日 01:42



    ますますさんに脅されてマインクラフト天子スキンを作ってみました。
    よろしければ自由に使ってね!
    http://www.tramp.sakura.ne.jp/distribution/Minecraft/tenko_skin.zip

    割と簡単に作れちゃうんですね。


    以下は個人的な備忘録に、数行ブログにあるまじき独り言長文です。
    あんまり読む意味は無いと思います。



    先日、お友達の秋さんに、絵についてものすごくためになる講義をして頂きました。


    秋さんの師匠から伺った話なのだそうですが、
    漠然と上手いな~と眺めている絵がどれだけ考えこまれているのかを考えず、
    何も考えずにまず手を動かそうと描きだす癖をなんとかしろ
    いきなりビジョンを浮かべて描くんじゃない、という趣旨のお話でした。

    ビジョンを浮かべて描きだす事の、どこがいけないのか分からなくてびっくりしたのですが、
    曰く、いきなりビジョンが浮かぶのは
    『過去に見た絵からそういう印象を受けたから、そういう絵が浮かんだ』に過ぎず、
    その絵を、必死で考えぬいて、伝えようとしてカタチにした結晶から伝わってきた物を
    何も考えずに再現しようとしただけの、劣化した粗悪品コピーでしかないとのことでした。

    なんとなく描いても、閲覧者は勝手に噛み砕いてくれますが、
    作者が伝えようとするものを何も込めていなかったら、見る側が妄想で何倍にしてくれたとしても、
    もとが乏しければ意味が無い。

    例えば、頭を撫でている絵を描こうとした場合、
    良いことしたから偉いねーなのか、
    怪我して泣かずに偉いねーなのか、
    何かごまかすために撫でてるだけなのか、
    カメラワークや表情一つでぜんぜん違う印象になってしまいます。
    見方一つで印象が変わってしまうものなのだから、作者がハッキリさせなければならない。

    伝えたいものがハッキリした時、構図も自ずと見えてくる
    描いてる最中に迷うのは、自分が描きたいものがハッキリしていないからだ

    というお話でした。
    (※お話の本当にごく一部です)


    思い当たる節がありすぎて心に刺さったのですが、
    これからはせめて、何も考えずに筆をとる前に、
    何を伝えたいのか、しっかり考える時間をとらなければならなりません、


    昔、芸術大学に遊びに行った際に聞いた話では、
    ここでは絵がうまいことはあまり重要ではない、
    描く内容の事のほうが重要だ
    とのことでしたが、
    その言葉を改めて噛み締めます。


    芸大ではある程度絵が上手なのは当たり前なのですが、
    私たちアマチュアは(少なくとも私は)、絵の技術を上げる訓練ばかりで、
    何を描くか”の訓練が全くできていません。
    後者も、単純な絵の技術以上に、全く簡単なことではない筈なのにです。




    似た話かどうかはちょっとわかりませんが、先日RTで流れてきた話で、
    「絵がうまくなりたい人へのアドバイス的な文章が、「絵がうまくなりたい人」へのアドバイスであることは殆ど無いんだよ。ほぼ例外なく、「あらゆる事に共通した”修練”に対する心構え」が自分の言葉で述べてあるだけで。だから言ってることは正しいけど、ほとんど役に立たない。」

    という言葉ですが、そんなのは当たり前です。(ただ別に批判するつもりはありません)
    たかだか140文字の言葉で絵がうまくなれたら、絵の講師はみんな失業です。
    だからTwitterで語れることなんて精神論くらしかありません。


    また、
    「絵が上手くなるためには沢山描こう!なんて、これほど馬鹿らしい助言があるか?「数学がわかりませんどうしたらいいですか?」ってなきつく生徒に「沢山問題を解け!」っていう先生がいたらそいつはただの無能教師だぜ。」

    これも全く仰るとおりなのですが、
    たとえ絵に関する具体的、技術的な助言をしたとしても、
    それは絵描きが持つ莫大な知識、ノウハウからほんの1トピックを取りあげただけで、
    それ単品で役に立つようなものではありません。


    ただ専属の講師として、マンツーマンで長期間、手取り足取り教えることができれば、
    絵という暗黙知であっても、割と沢山のノウハウを伝えられると思います。
    しかし誰もそれをしてくれないのは、
    多くの絵描きさんは講師ではないし、誰かに手取り足取り教えてあげる義務もないからです。

    でも絵という分野においては、心構えだとか、”お絵描きを学ぶための方法”を学ぶために、
    精神論も割と捨てたものではないと思っています。
    何よりお絵描きは精神活動そのものですしね。

    そういう点で、今回は秋さんにとても良い心構えを頂くことが出来ました。

    恐ろしく偉そうなことをズラズラと書いて参りましたが、
    改めて読み返してみると、何を伝えたかったのかまるでわからない文章が出来上がりました。
    私はやっぱり絵でも言葉でも人に伝えるのが下手っぴのようです。



    関連記事
    スポンサーサイト


    コメント

    1. くぎみー | URL | -

      な、なるへそ

      何も考えずに沢山描いてた私は…orz まさか天子とらさんが作っていたとは!上手いですね

    2. はぐれ物書き | URL | -

      Re: 天使スキン

      むしろ、絵師さんっていうのはいつもそうやって、日常の1シーンを切り抜き、一枚の絵として描いているものだとばかり思っていました。
      何も考えずに構図のイメージから描き始められるものなのか、と……

      もちろん、全員がそうではないというのは承知していますが、個人的には一枚の絵にも物語を付加した方がいいと僕も思いますね。
      その方が俄然キャラが生きてくるはずですし、何より描いてる方も楽しい気分になるんじゃないでしょうか?
      それに、そう描き続けていれば、自ずと漫画を描きたいと思うかもしれないですしねw

    3. | URL | -

      Re: 天使スキン

      劣化した粗悪品コピー・・ぬぅ・・

      天子頂きました~!使わせていただきますよっと

    4. HIRO | URL | -

      Re: 天使スキン

      お久しぶりです。
      今回の話はとても心に響きました。
      高校に無事入学してから本格的に絵の練習をしようと思っているので
      今回の話をしっかりと心に刻み、まずは基礎から鍛錬しようと思います。

      僕はまだイラストの閲覧者ですが、いつか立派(?)な絵描きになりたい、そう思っています。

    5. とら | URL | -

      Re: 天使スキン

      ■くぎみーさん
      ただお絵描きを楽しむ文には、別に考える必要はないかもしれません;
      けれど上達したいとか、人に見せることを前提にした場合、これまでの心構えでは不足だったようです。。
      天子スキンは初めてにしてはなかなか良くできたかも!?

      ■はぐれ物書きさん
      いえこれが; 案外手癖でズラズラと描き始めてしまって、そのままなんとなくで完成ということも少なくありません;
      物語作りが億劫なのが響いております; 妄想力が足りない…。

      ■名無しさん
      全くおっしゃるとおりだと思いました;
      スキンどうぞ!

      ■HIROさん
      受験大変お疲れ様です!
      今回の話は”絵の基礎よりも更に前の話”、筆をとるよりも前に心がけるべき話なのだそうです。。。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tra15.blog115.fc2.com/tb.php/235-88e27000
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。